LINE掲示板豆知識

巷で話題の無料・ライン掲示板。その危険性について迫ってみました

インターネットが普及した現代において、多くの恋活や婚活に悩みを抱え、異性との出会いを求める人々がその活路を見いだす手段としてインターネットを利用しています。そして「無料」、「出会い」等で検索しようものならば、必ずヒットするサービスがこの「ライン掲示板」です。「ライン掲示板」とは文字通り「無料通話アプリLINE」のユーザーIDを交換する掲示板のことで、主にチャット(メッセージ)を通して異性と会うためのサービスです。「無料」で「誰でも閲覧」することができるため、巷で話題となっています。こんな「ライン掲示板」ですが、実は多くの「危険性」が存在するのをご存じでしょうか。今回はこの「危険性」についてまとめてみました。

ライン掲示板の概要

ライン掲示板の危険性を説くにはライン掲示板の概要を理解してもらう必要がありますので、簡単に説明します。

■ライン掲示板の基本的な利用方法
ライン掲示板は、大きく分けて以下の2つの使い方があります。
・投稿されているメッセージからピックアップしてコチラから連絡を取る方法
・自ら掲示板にメッセージを投稿し、LINEのIDとその用件を伝える方法
投稿欄を見ると、「年齢/所在地(例:20歳/大阪)」のように簡単な情報が表示されます。またこの時わかりやすく男女で色分けされています。
連絡を取りたい場合は掲載されているラインIDを検索するか、ID検索から表示されるQRコードを利用して繋ぎます。

■利用者について
ライン掲示板の利用者は圧倒的に男性が多く、20代~30代の男性を中心に50代までが利用しています。

■明らかなひやかしや業者と思われる投稿もあり
女性の投稿を見ると、「いますぐホテルいける人」など簡単な出会いを探していると思わせるような投稿が多くみられますが、ほとんどの場合はイタズラ・ひやかし、もしくは業者による誘導と思われます。また、男性の投稿を見ると「すぐに出会える」と勘違いして魅力を感じて利用する人が多いです。

以上で簡単な概要の説明は終わりです。
ライン掲示板の主目的はあくまで「ID交換」ですので手軽な出会いを求める人が主となります。このことを念頭に置きながら次項より何が危険なのか具体的に説明していきます。

身分証明が一切必要ない

日本には、出会い系サイトを規制する法律があり、「インターネット異性紹介事業を利用できるのは18歳以上」と定められています。
※インターネット異性紹介事業とは「出会い系サイト」、「マッチングアプリ」等、「男女の出会いを目的としたネットサービス」のこと
当然ライン掲示板もこれに当てはまりますので、18歳以上の年齢確認が必要となります。
実際に登録画面では「18歳未満は利用できません」と表示はされるのですが身分証明書による年齢確認は必須ではなく、ユーザーの自主性に一任しています。
結果としてライン掲示板は18歳未満が利用することが可能となり、18歳未満の異性と出会う可能性が十分にあますので非常に危険です。

LINE IDを乗っ取られる可能性がある

LINE IDを他人に教えることは「乗っ取り被害」に遭うリスクを急激に上昇させます。
別のサイトでIDを晒されるようなイタズラも十分想定されますし、相手が「情報販売業者」の場合もあります。IDを転売された結果、見ず知らずの人達から大量の通知が来るようになり非常に迷惑します。
また、パスワードがハッキングされればログインできますので、同じパスワードを使用している他のネットサービスで悪用されてしまいます。最悪の場合、詐欺行為などの犯罪に利用されことも十分想定されますので細心の注意が必要です。

悪徳業者の格好の餌食になる

ライン掲示板には出会いを求める人の他に悪徳業者も出入りしています。
大量の友達申請や迷惑メールが舞い込むことになりますし、「女性に成りすまして別な出会い系サイトに登録させようとする」、「有料のSNSに誘ってくる」などたくみに誘導してきますので非常に危険です。

性犯罪被害にあう可能性がある

ライン掲示板は、以前より「性犯罪の温床」として問題視されており、数年前には業界団体が調査に乗り出しています。ライン掲示板はシステム上「第三者の目に届くことなく1対1のコミュニケーションに突入することが可能」であり、結果として犯罪が起こりやすい状況を招いています。
特に女性はこういった状況では危険ですので、安易にライン掲示板を利用するべきではないです。

男性を狙った美人局が非常に多い

ライン掲示板を利用するユーザーは圧倒的に男性が多いです。そこに目を付けて悪徳業者や悪い素人が美人局という犯罪行為を行っています。
以下にライン掲示板で実際に起きた美人局による被害を載せておきます。これらは氷山の一角でこれ以外にも多くの被害が出ていますので十分に注意してください。
・泥酔状態にされ財布や貴重品を盗まれた。
・ホテルでシャワー中に財布や貴重品を盗まれた。
・高い商品を購入させられたり、保険に加入させられたりした。
・ぼったくり店とグルで高額請求の被害にあった。
・待ち合わせ場所に怖い人がおり金品を脅しとられた。
・女性が未成年であると脅され示談金を要求された。
・職場や家族にバラすと脅され金品を要求された。
・素人ではなく風俗関係者だった。

ライン掲示板がきっかけで起きた事件や犯罪

最後になりますが、この記事を読むことで一人でも多くの方にライン掲示板の危険性を理解してもらえればとの思いを込めて、ライン掲示板をきっかけに発生した事件や犯罪を載せておきます。
・LINEを通じて知り合った女性を18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして34歳の建設作業員が逮捕されました。
・LINEを通じて知り合った少年少女を集めて寝泊まりさせ、生活費を稼がせる名目で売春を強要していた男が「児童買春・ポルノ禁止法違反容疑」で逮捕されました。
・東京の中学3年生の女子がLINEで知り合った男性生徒からの交際申し込みを断ったところ、交際を断られた男性が仲間の少年5人と共に女子生徒に集団暴行を加えました。女子生徒は骨折などのけがをし加害者の男子生徒らは傷害の疑いで逮捕されました。
・LINEを通じて知り合った17歳の少女にわいせつな画像を送らせたとして32歳無職の男が逮捕されました。
・大学生がLINEで知り合った女子生徒に対してLINEで「死ね」と送り、自殺をそそのかした疑いで逮捕されました。LINEを送られた女子生徒はそのメッセージを見た後に自宅マンション8階から飛び降り自殺しています。